企業ロゴとは?

今や企業の顔ともいえる企業ロゴですが、その役割とはどの様なものだかご存知ですか?

ロゴには大きく分けると2つの役割があります。一つとして企業の信念を会社内、会社外に向けて発信する象徴としての役割です。社内に対してはオリンピック選手が自国の国旗を見てモチベーションを上げるかの如く、仕事に対する意欲を引き出す動機を高めるとともに、この会社の一員であるという帰属意識を高める効果があります。社外に対しては、サービスや取扱商品と共にそのロゴに込められた想いを社内で統一することで、取引先やお客様にどのような会社であるのかを知ってもらう事ができます。

女性もう一つとしては、顧客との信頼関係・顧客にとっての会社の価値などを含むブランディング要素となります。社内においては外に発信するツール、例えばHPや封筒、名刺や看板など人の目に触れるものに対して見た目から統一感を持ったものにすることが可能です。店舗であれば、内装や外装のデザインを依頼する時にはロゴのコンセプトとデザインを伝えることで、どの様なイメージの物にしたいか伝えやすくなります。社外においては、ロゴにより信頼度を高めることが出来ます。同じ商品が同じ値段であった時、いかにも高級そうなロゴが入ったものとそのようなものが一切ないものだったら、どちらを多くの人が選択するのでしょうか。多くの人がロゴの入った商品を選択するのではないでしょうか。それは、ロゴの信頼によるものに他なりません。

このようなロゴについて、こちらでは作り方を含め紹介します。ロゴを検討中の方のお役に立てれば幸いです。

次頁⇒ただのデザイン?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket