どうやって作る?

自社の熱い想いをロゴに託したいので、ロゴは社内公募をかけて作るという方もいますが、専門のデザイン会社に依頼して多くの企業では作成しています。

もし、固いイメージのある企業であるのに子供の落書きのようなロゴであったら、それは違和感しかありません。逆に子供の関係の会社であるのに四角四面なロゴマークが採用されていたら、教育関係なのかななどとロゴ一つで想像されることはいろいろあります。そのため、取引先やお客様が会社の存在をまず白紙の状態で知るロゴは、とても重要なものであるともいえます。

ビックリマークそんな重要なロゴであるなら、有名デザイナーに大金をかけて依頼しなくてはいけないのかと考える方もいらっしゃるでしょう。しかし、ロゴのデザイナーもそれを受け取る企業にもそれぞれの個性があるため、一概にロゴならこの人というものは存在していません。A社はこのロゴのデザイン会社で作ったら素敵なものを作ってもらっていたので、うちも同じようにと依頼しても必ずしもピタッと来るものが提案されるわけではないのです。そのため、ロゴのデザイン会社を選ぶときには自分のイメージするデザインが得意なデザイナーがいるところを選ぶのが成功への近道となります。

しかし、どの様なデザイナーが所属しているのかは依頼時点でわからないのが現実です。そのため、それを専門とした多くのデザイナーが所属するロゴのデザインを行う会社を選択することがおすすめです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket